お知らせ

What's New

お知らせ

産業動物臨床講義に係る講師派遣

NOSAI道央では、学生に産業動物獣医療の魅力を伝え、ひいては道内NOSAIへの就職に繋がることを期待し、獣医系大学へ講師を派遣しています。
今回は、日本大学より講師派遣依頼があり、NOSAI道央上川北支所名寄家畜診療所「森田 稔(もりた みのる)」獣医師が講義を行いました。
講義は「乳牛の乳房炎について」で、生物資源科学部獣医学科4年生に向けて行われました。

大勢の学生が熱心に聴講しています。

講義にも熱が入ります。

 

 

講義を終えた森田獣医師は「日大は、小動物や公務員、製薬会社への就職希望が多く、大動物志望の学生は少ないとの事前情報があったので、講義を聴いてもらえるか心配でした(みんな寝てしまったらどうしようかと考えていました)。しかし、いざ講義が始まると真剣に耳を傾けてくれていました(と思います)。特に大動物志望の学生は、少人数ながらも前方の座席で熱心に聴講してくれました。また、講義終了後は質問に来たりと、真面目さや熱意を強く感じました」

「牛の乳房炎がテーマなので、現場における臨床型乳房炎の診断治療に関する話を中心にしましたが、今回の講義を通じて大動物診療の面白さや魅力を少しでも伝えることができていたら嬉しい限りです」と話してくれました。

聴講した学生と一緒にランチ

 
 

学生へ一言

Art is long,life is short.(少年老い易く学成り難し)

獣医師は一生勉強していかなければならない職業です。将来みなさんがどんな仕事に就こうとも、このことを忘れずに、互いに精進していきましょう。

 
 
 
 

NOSAI道央では獣医師を募集しています。詳しくは職員採用情報をご覧ください。

また、家畜診療業務体験研修を実施しています。実際の現場で診療業務を体験してみませんか?

詳しくは北海道NOSAIのホームページをご覧ください。

記事一覧へ戻る