反社会的勢力への対応に関する基本方針

反社会的勢力への対応に関する基本方針

北海道中央農業共済組合(以下「本組合」という。)は、農業共済事業の実施に当たり、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(政府指針)」等を遵守し、反社会的勢力に対して断固とした姿勢で臨むことを宣言します。

  • (反社会的勢力との決別)
    1.本組合は、社会的責任を踏まえ、取引関係を含めて、反社会的勢力と一切の関係を遮断し、反社会的勢力による不当要求に対して、断固として拒絶します。
  • (組織的な対応)
    2.本組合は、反社会的勢力からの不当な要求に対し、対応する役職員及び関係者の安全確保を最優先し、組織全体として対応します。
  • (外部専門機関との連携)
    3.本組合は、平素から、警察、北海道暴力追放センター及び弁護士などの反社会的勢力を排除するための活動を行っている外部専門機関と密接に連携し、反社会的勢力と対決します。

  • (不当要求への法的対応)
    4.本組合は、反社会的勢力からの不当な要求に対し、民事及び刑事の両面から法的対抗措置を講じ、一切の要求を拒絶します。
  • (裏取引や資金提供の禁止)
    5.いかなる理由があっても、反社会的勢力との裏取引や資金提供は、絶対に行いません。